Mac

【Mac】キーボードにマウスクリックを割り当てて右手の疲れを軽減しよう。

【mac】キーボードにマウスクリックを割り当てて右手の疲れを軽減しよう。

最近マウスクリックがどうにも右手の負担になるし億劫なので、キーボードにマウスクリックの機能を割当て(ショートカット登録)してみました。

使用したのはMacの「アクセシビリティ」の「代替コントロール方法」の設定です。

右手のマウス操作で特に負担に感じていたダブルクリックも、左手のキーボードひと押しで代替できるようになったので、かなり助かっています。

Macでマウスクリックをキーボードに割り当てる方法

ちょっと手順が多いんですが、難しいことは何もしていないので、一緒についてきてくださいね(笑)

【mac】キーボードにマウスクリックを割り当てて右手の疲れを軽減しよう。 【mac】キーボードにマウスクリックを割り当てて右手の疲れを軽減しよう。

システム環境設定>アクセシビリティ>ポインタコントロール>代替コントロール方法>代替ポインタアクションを有効にする>オプション>
代替ポインタアクションに次のスイッチを使用:で「+」「ー」ボタンなどを押して登録開始。>物理スイッチ>割当したいボタンを押す>
名前とアクションをそれぞれ設定。(「再割り当て」を押して何度でもやり直し可能です)

僕のマウスクリック代替キーボード設定

【mac】キーボードにマウスクリックを割り当てて右手の疲れを軽減しよう。
F1キードラッグ&ドロップ
F2キー右クリック
F3キーダブルクリック
F4キー左クリック

例えば数字の1キーやCommand+数字キーなどは割当に使えなかったため、Functionキーを割り当てる方法に落ち着きました。

僕の場合右手をいかに使わずに、左手でクリック処理を済ませるかを前提にしているので、左手人差し指をF4キーにホームポジションとして置いて、F1〜F4キーを使っていく方針に決定。

一番使う左クリックをF4キー(左手人差し指)、ダブルクリックをF3キー(左手中指)に設定。
あとはイメージ的に覚えやすいように右クリックをF2キー(左手薬指)、ドラッグ&ドロップをF1キー(左手小指)で押せるように配置しました。

懸念点は、Excelを使うときにF2キーでセルの編集に入ることが多いので、そのときのやり方はちょっと考えないとな〜と思います。
(→と思ったけど、そもそもF2キーでセルの編集に入っていたのがダブルクリックしたくなかったからなので、ダブルクリックを割り当てたF3キー押すだけで解決しました。笑)

あとはWindowsとMacを行き来することも多いので、Windowsでマウスクリックのキーボード代替設定をどうするかも個人的には課題かな。

僕は思った

慣れれば右手のマウスクリックの負担がかなり軽減できるので、今後マウスはクリックせずに済み、純粋なポインタ移動用デバイスになってくれる…かも。
(ポインタの移動くらいはそんなに苦じゃないのでOK)

同じように右手クリック疲れるなぁ〜と思っている方に、ご参考いただければ嬉しいです。