モノ

REALFORCEで尊師スタイル!16インチ型MacBook Pro 2019が超絶フィット【レビュー】

「REALFORCE TKL SA for Mac」で尊師スタイル!16インチ型「MacBook Pro 2019」がジャストフィットして驚いた。
toshi
toshi
リアフォ尊師仲間、もっと増えないかな。腱鞘炎気味の人は、特に試してみてほしいんです。

PCスタンドの上に16インチ型「MacBook Pro 2019」を乗せて、手前に「REALFORCE TKL SA for Mac」を配置するのも悪くはないんです。

それでも普通にストレスなく使えるんだけど、場所もとるし、画面までの距離も相まってか、個人的にはイマイチしっくりこない。

そこで、ものは試しと「REALFORCE TKL SA for Mac」を16インチ型「MacBook Pro 2019」に乗せていわゆる「尊師スタイル」をやってみたら、これが思いの外ぴったり(笑)。

左右0.5cmずつくらいはみ出てますが、ほぼジャストサイズで自分でも驚きました。

まるで自分の脳とMac本体を直接接続したかのような感覚で文字入力が出来て、快適そのものです。

「REALFORCE TKL SA for Mac」尊師スタイルのレポート。

「REALFORCE TKL SA for Mac」で尊師スタイル!16インチ型「MacBook Pro 2019」がジャストフィットして驚いた。

「REALFORCE TKL SA for Mac(型番:R2TLSA-JP3M-BK)」は有線タイプですが、キーボード本体からMac本体に接続するコードを出す位置を選べる点が評価できます。

無線タイプの「REALFORCE SA for Mac」が出ればなお最高ですが、ここは東プレさんに期待したいと思います。笑

コードは3方向からにょきっと出せる

コードは邪魔っちゃあ邪魔ですが、<左側面・中央背面・右側面>の3ヶ所から選ぶことが出来るため、16インチ型「MacBook Pro 2019」の液晶にコードが干渉するような致命的なストレスはありません。

おすすめは、上記写真のように左側面からコードを出すスタイル。右から出すとマウスと干渉する可能性があるので、左が安定だと感じますね。

滑り落ちないし、誤入力もされない。傷も大丈夫そう

また、「REALFORCE TKL SA for Mac」の裏にはゴムの滑り止めがついているため、滑り落ちてくる様子はなさげ

「REALFORCE TKL SA for Mac」のゴム底で高さもわずかに稼げているためか、16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボード自体が少しくぼんでいるためなのか、16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードへの干渉→誤入力もナシ。

16インチ型「MacBook Pro 2019」本体に傷がつく様子もなく、「REALFORCE TKL SA for Mac」での尊師スタイルは、今の所何も問題なく快適に行えています。

テンキーありの「REALFORCE SA for Mac」でもいけるのか?

これは未検証。自宅にはテンキーありの「REALFORCE SA for Mac」もあるため、時間をつくって検証してみたいと思います。(型番:R2SA-JP3M-BKです)

テンキーレスモデルの「REALFORCE TKL SA for Mac」でぎりフィットしているサイズなので、テンキーがあるとはみ出て不格好になるのは避けられないでしょうね。笑

テンキーが無いと体の中心にキーボードを持っていきやすいし、マウスを持つ右手を遠くまで伸ばさなくても良いため、負担があきらかに少ないと感じるんですよね。

でもテンキーあるほうが数字を集中的に入力するときは助かるし。個人的に、テンキーの有無問題はほんと早く答えを出したい。

ちなみに尊師スタイルって?

尊師と呼ばれるくらいにすごいエンジニアさんが、ノートPCの上に「HHKB」のキーボードを乗せて使っていたのが「尊師スタイル」の由来なのだそうですよ。

一度そのお姿を拝見してみたいですよね。

「REALFORCE TKL SA for Mac」尊師スタイルがおすすめな人

「REALFORCE TKL SA for Mac」で尊師スタイル!16インチ型「MacBook Pro 2019」がジャストフィットして驚いた。

僕が思う「REALFORCE TKL SA for Mac」での尊師スタイルがおすすめの人は下記。

※長期間キーボードをノート型Macに乗せて使った場合のMac本体への影響は現状知る術もないので、一応自己責任でお願いします。笑

  • ノート型Mac純正のキーボードが疲れる人。
  • 「HHKB」より「REALFORCE」のキー配列と打鍵感が好きな人。
  • キーボードを自分の体の一部のように打ちたい人。
  • とにかく集中して、文章入力に没頭したい人。
  • 据え置きでじっくり出来る環境か、ロッカーなどにキーボードを保管できる人。
  • もしくは車利用等でキーボードの持ち歩きが苦にならない人。

個人的には「REALFORCE TKL SA for Mac」での尊師スタイルは、もうノート型Macの純正キーボードには戻れないと感じるくらいには快適。

一応16インチ型「MacBook Pro 2019」の上に重たいキーボードをずっと乗せているのは精神衛生上なんとなく良くない気もするため、「HHKB」から発売されているキーボードブリッジも近日中に導入予定

キーボードブリッジの導入によって、さらに「REALFORCE TKL SA for Mac」での尊師スタイルが盤石なものになると期待しています(笑)。

公式ページで「REALFORCE TKL SA for Mac」を見る

toshi
toshi
こちらの記事は参考になりましたか?もしよければ、ブログやSNSで紹介していただけると泣いて喜びます。記事の感想も楽しみにしています!