Apple

どっち買う?AirPods ProとWF-1000XM3のノイズキャンセリング性能・音質・外観を比較!

どっち?AirPods ProとWF-1000XM3のノイズキャンセリング性能・音質を比較!

AirPodsマジ魔法。バランス型の魔法使い。

WF-1000X M3は世話好きの母ちゃん。たまにズレてるけど音質ポテンシャル高めの母ちゃん。

どっち?AirPods ProとWF-1000XM3のノイズキャンセリング性能・音質を比較!

この記事ではAirPods ProとWF-1000XM3をノイズキャンセリング性能・音質・外観・使用時の快適さの観点から、比較レビューします。

その上で、僕なりにAirPods Proを買うべき人、WF-1000X M3を買うべき人の結論を出していきたいと思います。

検証条件はこんな感じ。

ノイズキャンセリング性能の検証にあたっては、それぞれのノイズキャンセリング機能をONにして自宅で使用。

外から聴こえる環境音や、4m先くらいの浴室のドアを開けた状態での浴室乾燥機の聞こえ具合いで試しています。(我が家の浴室乾燥機の音はやたらデカいのでw)

また、音質の聴き比べにあたっては、自宅でiPhoneに入っているバンド音楽、クラシック音楽を聴いて比較しました。

※今後、カフェでの作業時の使用感、電車に乗ったときの外の音の聞こえ方など、「ベタベタな日常生活での実使用において、いかに差が生じるのか?」を重視したレビューも追記していきます。

あわせて読みたい
マジ静寂。AirPods Proのノイズキャンセリング性能を徹底検証。これはもう、ノイキャン2.0だ。(言いたいだけ) 装着するとヤバイくらいの静寂感。耳から外すと、自分はこんな大音量の中暮らしていたのか...

※追記しました。

まずは結論

ノイズキャンセリング性能:
ほぼ互角。ただしAirPods Proの方が優秀と感じ場面もあり。
AirPods Proのほうがノイキャンは強力。

音質:
ライブ感、迫力、クリアさ重視ならWF-1000X M3。じっくり音楽や映像と向き合いたいならWF-1000X M3に軍配。

※AirPods Proも全然悪くはないです。ノイキャンの恩恵でそもそも小さい音が聞こえやすくなっているというのは推測できるにせよ、第1世代&第2世代AirPodsよりも音の雑さが消えているような印象を受けました。

操作性・快適さ:
完全にAirPods Proに軍配。iPhoneとの連携はもう見事としか言いようがない。

AirPods Proを買って幸せになれる人:
ノイキャン重視で、日常生活でストレスなく音楽を聴きたい人。

WF-1000X M3を買って幸せになれる人:
音質、ライブ感を最重視の人。専用アプリ「Headphones」で自分であれこれ設定したい人。Andoroidの人もこっち。

さくっと外観を比較

AirPods Proと、WF-1000X M3の外観を見ていきます。

↓横に並べてみた状態。縦横厚み、すべてAirPods Proのほうがコンパクトです。
AirPods ProとWF-1000XM3のケースサイズ・大きさ比較。

↓重ねてみるとこんな感じ。これだけの高性能イヤホンをこれだけ小さくまとめちゃうなんて。
AirPods ProとWF-1000XM3のケースサイズ・大きさを重ねて比較。

↓イヤホン本体も比較してみます。AirPods Proは、柄の部分が従来のAirPodsよりも1cmも短くなっていることもあり、大きさの差は一見あまりなさそうに見えますね。

ただし、WF-1000X M3のほうが握った時に肉厚で重く感じる気がします。

重さはWF-1000X M3はケース込みで約95g。

AirPods Proはケース込みで

AirPods ProとWF-1000XM3のイヤホン本体サイズを比較。

点数をつけるなら

ちなみに僕はSONYのワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン WH-1000X M3をすこぶる気に入っています。

僕的にはWH-1000X M3は

ノイキャン性能:90点
音質90点

ヘッドホンでかさばるけれど、それ以外は神と思っていますw

このWH-1000X M3を基準に、AirPods ProとWF-1000X M3に点数をつけてみます。

AirPods Proの評価点数

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580
(2019/11/21 09:11:59時点 Amazon調べ-詳細)

ノイキャン性能:90点
音質:80点。

AirPods Proは、さながらポテンシャル高く物静かな秘書。ノイキャン性能はWF-1000X M3を凌ぐ場面あり。ノイキャン性能はWF-1000X M3を凌いでいると結論付けました、

むしろAirPods Proのノイキャン性能は、SONYのワイヤレス ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000X M3に匹敵するレベルかもしれない。

※AirPods Proのノイキャン性能検証は、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
マジ静寂。AirPods Proのノイズキャンセリング性能を徹底検証。これはもう、ノイキャン2.0だ。(言いたいだけ) 装着するとヤバイくらいの静寂感。耳から外すと、自分はこんな大音量の中暮らしていたのか...

WF-1000XM3は記事に出てくるラーメン店と大阪市内の大通りで検証しましたが、AirPods Proと比較すれば全体的にノイキャンの効きは弱め。

高音・低音ともに騒音レベルはそんなに緩和されませんでした。

また、AirPods Proの音は上品でバランス型、全然悪くないです。そしてiPhoneとの連携度合いは見事としか言いようがない。

WF-1000X M3の評価点数

ノイキャン性能:80点
音質:85点

言うなれば、サービス過剰がたまに傷な、やたら世話を焼きたがる母ちゃん。(後述します

音質はクリアで迫力・ライブ感はAirPods Proより上。総じて音質周りのポテンシャルはAirPods Proよりも高め。

ただし、iPhoneとの連携は前モデルよりだいぶ改善されているとはいえ、まだまだ隙がある。

ノイキャン性能はほぼ互角だけど、AirPods Proのが優秀と感じる場面もAirPods Proのほうが上

ノイキャン性能はほぼ互角と位置づけました。我が家に入ってくる環境音で比較した場合は、どちらもほぼ完全に無音レベル。救急車のサイレンなどは例外的に聴こえてきました(このときはWF-1000X M3を着用)。

我が家のうるさすぎる浴室乾燥機の音を消す能力においては、AirPods Proのほうが露骨に効果が高かったですw

WF-1000X M3のノイキャンでは浴室乾燥音がかすかに残り、AirPods Proのノイキャンでは浴室乾燥音は完全に無音になりました。

これには自分でもびっくり。もともとその音がなかったように、スッと音が聴こえなくなっていきます。

こんなにちっさいのに、AirPods Proマジ魔法みたいだな。

追記:上述した通りですが、その後の検証で、僕はAirPods Proのほうがノイキャン性能は高いと結論付けました。

音質はWF-1000X M3のほうが上

【WH-1000X M3とWF-1000X M3 比較】ノイズキャンセリング性能をレビュー。

音質の良さ、とりわけ音のクリアさやライブ感で評価するのであれば、WF-1000XM3のほうに軍配があがると思います。

WF-1000X M3のほうが各音パートの聞こえる範囲が広く、音の輪郭がクリアに聴こえると感じました。解像度の高いハイレゾ音源ですとか、音の良い映像コンテンツをしっかり楽しみたいなら、WF-1000X M3に軍配が上がります。

例えるなら、より眼の前でライブ演奏してくれてる感が強いのはWF-1000X M3。ボーカルもギターもベースもパーカスも、それぞれの音の輪郭までしっかり聴こえてきます。

そして良くも悪くも、各パートの音が比較的むき出し?のような感じで近くで聞こえてくるイメージ。(SONYのHeadphonesアプリでイコライザなどは設定していない状態です)

WF-1000X M3で聴いた音は、音源の音が悪ければ、それだけ「下手な演奏だな」と分かるでしょう。

音のバランス、ノイキャン性能、ストレスのない使い勝手ならAirPods Proの圧勝

逆にAirPods Proは音のバランスが非常に良いと感じました。

例えるなら、目の前でライブしてくれてる音が、少しフィルターなりかかってバランスが整えられて自分の耳まで聞こえてくるような。

バランスが整う分だけ、少しだけライブ感はなくなる。でも音は上品できれいっていう感じ。

解像度の低いサブスクリプションの音楽などを聴く分には、逆に十分すぎるくらい。ノイキャン性能の高さ、iPhoneとの魔法のようなシームレスな連携性能の高さも、結果的に音楽体験をストレスなく良好なものにしてくれます。

ほとんどの方はAirPods Proを購入して満足できるんじゃないでしょうか。

僕もめちゃ好きな曲や映画をガチ視聴するぞ、みたいな特別な時以外はAirPods Proで絶対満足できます。w

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580
(2019/11/21 09:11:59時点 Amazon調べ-詳細)

おまけ:僕が感じるWF-1000X M3への細かい不満

WF-1000X M3は素晴らしいイヤホンです。それは大前提にあって、SONYさんマジありがとうと思ってますw

その上であえて不満をあげるなら、WF-1000X M3は「世話を焼きすぎ」という点。(同じように不満を持っている方、きっといらっしゃいますよね…!?)

WF-1000X M3はイヤホンを装着するたびに「パワーオン」「バッテリー、フルチャージ」「ブルートゥース、コネクテッド」などと、女性の音声アナウンスが頻繁に流れます。

しかも場合にとっては両耳から別々にタイミングがずれて聴こえてくる、こうなるとマジカオスw

Bluetoothの画面にWF-1000XM3が表示された時点でパワーオンなのは分かるし、バッテリーのチャージ具合なんかは少なくなったら教えてくれたら良いし、むしろiPhoneの通知画面で自分が見たい時に見れれば問題なし。

Bluetoothが繋がったかどうかなんて、そもそも声で教えてくれる以前に勝手に接続しておいてほしいのが本音。

左耳の丸い部分を下手に触ると、アンビエントサウンドON、OFF、ノイズキャンセリングONを誤って切り替えてしまう事があるのもマイナス。

WF-1000X M3は、さながら世話を焼きたがりお話好きの母ちゃん。ノイキャンポテンシャルは必要十分、音のクリアさ・音量・迫力はさすがの貫禄、というところ。

あとは、AirPods ProやAirPodsは耳に装着するだけですぐに音楽再生できる状態になるんですが、WF-1000X M3は装着した後Bluetoothの設定で接続しないといけない場面が多い点は不満点といえば不満点です。

このあたりは、やはりAirPods Proと自社開発のiOS、iPadOS、Macとの連携はさすがと言わざるをえませんね。

AirPods Pro みんなの口コミ・感想

うどん部分が短くなって、かなりスッキリしましたよね。

どこからどう見てもノイキャン付きドライヤー。完璧な対策です。

ノイズキャンセルの性能には、ホントびっくりしますよね。。Appleの謎技術マジすごい。

これは試したことなかったです。やってみよう。AirPodsの第2世代ケース同様ワイヤレス充電できるのは、やっぱり最高すぎ。

これは同感。Proならやっぱりブラックがあればなお良しでしたw

AirPods Proの基本スペックおさらい

AirPods Pro ※Apple公式サイトより

ドライヤー、マタツボミ、うどんなどと既に愛を持って揶揄されている新型AirPods Pro。(Proの名前を持つAirPodsは初登場。)

Apple初のノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン。

確実に第1世代AirPods、第2世代AirPodsよりも完成度が高い最新のAirPodsです。

名前AirPods(エアポッズ、エアポッド)
発売日2019年10月30日(水)
価格価格:27,800円+税

従来のAirPodsとの比較

AirPods ProAirPods
¥27,800 (税別)¥22,800 (税別)
カスタマイズできる装着部分

ワンサイズの装着部分
アクティブノイズキャンセリング
アダプティブイコライゼーション
H1チップH1チップ
「Hey Siri」が常にオン「Hey Siri」が常にオン
耐汗耐水性能(IPX4)
サイズ 30.9 x 21.8 x 24.0mmサイズ 40.5 x 16.5 x 18.0mm
重さ 5.4g重さ 4g
1回の充電で最大4.5時間の再生時間1回の充電で最大5時間の再生時間
24時間以上の再生時間(Wireless Charging Caseを使用した場合)24時間以上の再生時間(Wireless Charging Caseを使用した場合)
ワイヤレス充電ケースワイヤレス充電ケース
好きな言葉を無料で刻印好きな言葉を無料で刻印

AirPods Proの操作について

AirPods Proの操作について ※Apple公式サイトより

「AirPods Pro」のうどん部分(軸部分)には、従来のAirPodsと比較して、コントロール機能を大幅に向上させるための感圧センサーが新たに搭載されています。

従来の無印AirPodsでは、左右のヘッドフォン部を2回タップすることで、「曲の再生/曲のスキップ/電話の応答」が可能でした。

AirPods Proでは感圧センサーを搭載し、この感圧センサーをワンタップすると「曲の再生/一時停止/電話の応答」を。

ダブルタップすると、「次の曲にスキップ」。そしてトリプルタップすると、「前の曲にスキップ」ができるようになっています。

短っくなったのによりハイテクになったうどん部分でw、より直感的にAirPods Proを操作することが出来ますね。

アクティブノイズキャンセリングについて

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングについて ※Apple公式サイトより AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングについて ※Apple公式サイトより

11で「Pro」を冠した「iPhone」同様、「Pro」を冠したAirPods Pro。今回、初めて「アクティブノイズキャンセリング」機能を搭載するに至りましたね。

ノイキャン搭載のプロダクトは、なにげにApple初。

仕組みとしては、内と外のマイクによって外部と耳内部の音を検知・分析。そしてアンチノイズを作り出して、耳に届く前にノイズを消し去ります。

これによってiPhoneやiPad、Macで再生する音楽は勿論の事、さらに音声通話など、耳に入ってくる音すべてに集中することが可能になったといいます。

さらに外音取り込みモードも搭載することで、従来のAirPods同様に周囲の音を取り込む事も可能です。(軸部分にある感圧センサーを長押しすることで、外部音取り込みモードに切り替えが可能です。

音質について

AirPods Pro 内部仕様 ※Apple公式サイトより

第2世代のAirPodsと比べると、音質も向上。

カナル型のフォルムを採用し、耳の穴を塞ぐことによって密閉。より深く没入できる再生環境を実現しています。

カナル型の弱点とも言える、耳栓のように密閉した際の不快感は、Appleの革新的な通気システムにより、最小限に抑えられているとの事です。

また、耳の形に合わせて、自動的に再生するサウンドの低音域部分と中音域部分を調整する「アダプティブイコライゼーション」、

そして「ピュアで信じられないほどクリアなサウンド」を生み出し、音質の最適化や20Hzまでの低音と正確な中高音域を安定して提供できる、専用の「ハイダイナミックレンジアンプ」も搭載しています。

一言で言えばAppleの色々すごい謎技術によって、ノイジーな雑音は排除して再生する音楽に集中できる事で、低音域&中音域の音質がかなり向上している、と言えます。

電池持ちと、ワイヤレス充電について

AirPods Pro バッテリー ※Apple公式サイトより

「Pro」を名乗っているAirPods Pro。iPhone 11 Proのように飛躍的に電池容量・バッテリー持ちが増えているわけではありません。

ただし、これだけ強力なノイキャン機能を搭載しながらも、ノイキャンのない前モデルとほぼ遜色はなく、最大5時間の連続視聴が可能です。(アクティブノイズキャンセリングモードの場合は最大4時間30分、音声通話では最大3時間30分)。

付属のワイヤレス充電ケースで充電しながら使えば、電池持ちは24時間以上。さらに、一回あたりわずか5分の充電で、。1時間の音楽再生と音声通話が出来ます。

同梱物について

AirPods Pro SMLサイズのイヤーチップ ※Apple公式サイトより

細かい話になりますが、AirPods Proには、従来のAirPodsとは違って、自身の耳の形・大きさに合わせて選べる、3種類のイヤーチップが同梱されています。

また、充電ケーブルは従来のAirPodsのLigthning – USB-Aケーブルではなく、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxと同じ、Lightning – USB-Cケーブルに変更されています。

今回iPad Proに採用されたLightning – USB-Cケーブルであれが、対応するUSB-C電源アダプタ(充電アダプタ)を利用すれば充電時間がかなり早くなると考えて良いと思います(実際どのくらい時間に差が現れるかは謎ですが)

既にiPhone 11 Proを使っている人なら何も問題はありませんが、iPhone 5、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 7、iPhone 8、iPhone X、iPhone XSまでのiPhoneを使用している人と、iPhone 11を使っている人は注意。

この同梱ケーブルを使用して高速充電の恩恵を受けたい場合は、別途USB-C電源アダプタ(充電アダプタ)が必要になります。これは地味に落とし穴ですよね。

個人的にはUSB-C大好きなのでこの流れは大歓迎ですが、USB-Cのアダプタがない方は、併せて購入しておきましょう。

toshiはこう思った

音質ではまだWF-1000X M3が面目躍如といったところです。

とはいえ、業界最高レベルを謳うSONYのWF-1000X M3の音質&ノイズキャンセル性能に十分匹敵しうるだけのプロダクトを、さらっと発売してしまうAppleには改めて感動すら覚えます。w

どちらを選ぶか、参考になりましたか?もしよければ、お友達にもぜひシェアしてくださいね。