Apple Watch

Apple Watchの通知を一時的に完全オフ→「おやすみモード」が便利!

Apple Watchの通知を一時的に完全オフ→「おやすみモード」が便利!

Apple Watchに通知が来るようにしていると地味に困るのが、今やってることに集中したいとき。

大事な会議中だとか、人と話してる時だとか、10分以内にこの仕事を終わらせないといけない、
なんて時に通知の振動が連続で来ると、結構集中を持っていかれて困るんですよね。

例えばLINEのグループ通知などで連続でLINEが送られてきた際とか、短文を連続で送信しがちな友人などがいる場合を例に挙げると、分かりやすいでしょうか。

わざわざiPhoneの通知設定やWatchアプリを立ち上げて設定するのは面倒だし、そこまでしたくないんだけど、今この瞬間の通知を一時的にオフにしたい。

そんなときは、「おやすみモード」を使いましょう。

おやすみモードの使い方

Apple Watchの画面を、画面外の下から上にスワイプ。

Apple Watchの通知を一時的に完全オフ→「おやすみモード」が便利!

すると月のアイコンが出てくるので、タップ。

あとは

Apple Watchの通知を一時的に完全オフ→「おやすみモード」が便利!
「オン」
「1時間オン」
「今日の夜までオン」
「ここを出発するまで」

を選べるので、タップして選択するだけ。

Apple Watchの通知を一時的に完全オフ→「おやすみモード」が便利!

これでおやすみモードが設定されました。

手で覆うと、電話の着信音を消す消音モード

Apple Watchの地味素敵機能の1つが、手で覆うことで電話の着信音を消せる機能。

上述の振動オフにする方法と併せて覚えておくと、咄嗟のときに焦らなくて済みます。

急に電話の着信音が鳴った時に、音を消す方法

静かにしていないとダメな時や、シーンとした場所で急に着信音が鳴ったら、結構慌ててしまいますよね。

そんな時に、Apple Watchの画面を手で覆ってあげましょう。

着信音が消えて、消音モードの確認でApple Watchがブルッと震えます。

とはいっても着信自体は続いたままなので、そのままiPhoneで電話に出ることができます。

なお、Apple Watchの画面を手で覆って着信音をオフにするには、あらかじめiPhoneの「Apple Watch」アプリで設定しておく必要があります。

設定は簡単で、「サウンドと振動」の「カバーして消音」をオンにするだけ。

toshiはこう思った

振動や着信音を咄嗟に消せると、助かるシーンは多いもの。簡単なので覚えておきましょう。

Apple Watchで無用のストレスから1つ解放されるはず…!