toshiの“かんたん”作り置きレシピを見る
コワーキング・シェアオフィス

WeWork 大阪なんばスカイオ。いつから利用できる?料金やプランは?

※写真はWeWork公式サイトより引用

アメリカ発のシェアオフィス・コワーキングスペースWeWork。なんばスカイオに出来ると聞いて、ずっと楽しみにしていました。

ただ、スカイオオープンの 2018年10月17日時点では、なんばスカイオのWeWorkは12月オープン予定としか情報がありませんでした。

現在はどうなっているのか?料金はいくらで利用できるのか?

コワーキング好きとして気になったので、調べてみました。

WeWork なんばスカイオのオープン日は?

2018年12月4日時点、公式サイトを確認する限りでは「近日オープン」する模様。

すでに内覧を受け付けているようですので、利用を検討している方は早めに申し込むのが良いでしょう。

ちなみにサイトから土日に内覧を申し込もうとすると、予約確定のボタンが押せず先に進めませんでしたw 土日の内覧は対応してもらえない可能性がありますね。

追記:電話口にて確認したところ、土日の内覧は行なっていないとのことでした。内覧の際は、平日の日中で日程を調整してください。

WeWork なんばスカイオって?

なんばのコミュニティ型ワークスペース
クリエイティブエージェンシーやリーンスタートアップ、または長い歴史を誇る企業であっても、WeWork なんばのオフィスなら、さまざまな出来事の中心地に拠点を持つことができます。建設が相次ぐ現代的な高層ビル群に囲まれたこのエリアで、3フロアにまたがる広々としたコミュニティ型ワークスペースを始め、美しいプライベートオフィス、ゆったりとした会議室などをご活用ください。

個人やチームの皆さんに最高の仕事をしていただけるよう、WeWork のオフィスはいずれも戦略的にデザインされています。便利な公共交通機関に加え、大阪屈指のダイニングやエンターテイメントからもほど近いこのロケーション、完璧なライフワークバランスを見つけてみませんか?ぜひ、WeWork なんばの見学ツアーをご予約ください。

WeWork なんばスカイオのプラン・料金

公式サイトでは明確になっていない部分も多いですが、以下のようなプランが用意されているようです。

また、1クレジットは3,000円としてカウントされます。

WeWork が構築する本社 プラン

貴社のチーム専用ロケーション(共用スペースなし)の、独立した専用オフィスです。設計・設定済みのレイアウトに加え、基本のアメニティなどオフィスの必需品が含まれます。

こんな方にピッタリ:
20 – 250 人規模の企業またはチーム
・本社機能が欲しい
・完全な独立性が欲しい

料金:要問い合わせ

オフィススイート プラン

プレミアムクラスの共用スペースやアメニティへのアクセス付きの、ワンランク上のプライベートオフィス。専用ミーティングルーム、ラウンジ、そして貴社のチーム専用オフィスが含まれます。

こんな方にピッタリ:
・25人以上の規模の企業またはチーム
・大規模なサテライトオフィスが欲しい
・地域本社が欲しい

料金:要問い合わせ

プライベートオフィス プラン

壁で囲まれた、施錠可能なオフィスをチームの人数に合わせてご用意します。デスクや椅子、ファイルキャビネットも完備。いつでも入居できます。

こんな方にピッタリ:
・1 – 100人規模の企業
・サテライトおよび既存のチーム
・コミュニティ内での独立性を保ちたい

料金:要問い合わせ

プラン概要

プライバシーに配慮したビジネススペースが欲しい。そんなあなたに、WeWork の「プライベートオフィス」プランでは、1 ヶ所のロケーション内に、独立した安全なスペースをご提供します。本プランには、印刷、そして郵便 & 小包サービスが含まれています。プライベートオフィスには、デスクや椅子、ファイルキャビネットを完備、さらに貴社のカルチャーやニーズに合わせてカスタマイズもできます。

人数に応じてご利用いただけるプライベートオフィスには、自然光を遮らずにプライバシーを守る、ガラスの仕切り壁を採用しています。マーカーで描き込むことができるので、ブレインストーミングにも最適です。プライベートオフィスは、WeWork コミュニティのメリットを活かしながら、自分らしく働くために必要なものがすべて揃っています。

利用時間
カードキーにより、24 時間いつでも入退室できます。

ロケーション
拠点とするロケーションを 1 ヶ所お選びください。

クレジット

毎月12クレジットが付与されます。オフィスのサイズに応じて追加されます。

追加利用
他のロケーションでの1日ホットデスク:2クレジットまたは6,000/日

会議室:1クレジットまたは3,000/時間

業務用電話:1回線につき$60/月

シェアードワークスペース プラン

オープンスペースのフレキシブルなホットデスクか、シェアードオフィスに常設の専用デスクかをお選びください。パソコンをつないで仕事をするためのスポットを確保できるうえ、プレミアムアメニティも利用できます。

こんな方にピッタリ:
・スタートアップや小企業
・フリーランスやコンサルタント
・リモートワーカー

専用デスク

専用デスク料金:
¥64,000/月(スカイオなんば料金。電話にて確認済み)


東京の¥93,000 – ¥168,000/月よりは安いですね!

シェアードオフィス内に自分専用のデスクを借りましょう。毎日同じロケーションに戻り、必要なものは夜間もそのままにしておけます。

特徴
・選択したロケーションに常設デスク
・椅子、ゴミ箱、ファイルキャビネット
・会議室予約用に毎月 5 クレジット
・郵便 & 荷物サービス

ホットデスク

ホットデスク料金:
¥49,000/月(スカイオなんば料金。電話にて確認済み)

専用デスク同様、東京の¥51,000 – ¥87,000/月よりも安いですね。

共用エリアの空いているスポットをご利用いただくプランです。ラップトップを持ち込み、お好きな席を選んで仕事に取りかかれます。毎回、新しいスポットを選びましょう。

特徴
・共有エリア内に確保されたデスクスペース
・会議室予約用に毎月 2 クレジット
・郵便 & 荷物サービスの追加オプション($50/月)

WeWork なんばスカイオのアクセス・施設情報

以下、WeWorks公式サイトより抜粋。

ロケーション

〒542-0076 大阪市中央区難波 5-1-60

アクセス

交通機関
南海各線「南海なんば」駅(徒歩 1 分
地下鉄御堂筋線「なんば」駅(徒歩 2 分)
近鉄難波線・阪神なんば線「なんば」駅(徒歩 5 分)
地下鉄四つ橋線・千日前線「なんば」駅(徒歩 5-8 分)


MID 難波中パーキング平面駐車場(徒歩 1 分)

ビルのアメニティ

オンサイトスタッフ
受付サービスから個人的なご相談まで、WeWork のコミュニティチームがサポートします。

清掃サービス
清掃クルーが共用エリア、会議室、プライベートオフィスを常に清潔に保ちます。

電話ブース
通話やビデオチャット時にご利用いただける防音ブースです。

洗練された会議室
AV 機器を完備した専用会議スペースには 、特注の壁紙や大理石のテーブルなど、意外性に富んだディテールが施されています。

印刷
各フロアの専用コーナーに、業務用プリンター、オフィス用品、シュレッダーを設置しています。

高速インターネット
有線イーサネットや安全な Wi-Fi をご利用いただけます。また、ゲストログインや IT サポートもご用意しています。

マイクロ焙煎コーヒー
挽きたてのコーヒーをいつでもお楽しみいただけます。

プロフェッショナル & ソーシャルイベント
ワークショップやゲストスピーカーによる講演、またはチーズの試食会まで、多様なプログラムをお楽しみください。

個性的な共用エリア
すベての WeWork ロケーションの要となるラウンジです。クリエイティビティや居心地のよさ、そして生産性を重視し、リビングルームのようにリラックスできる空間としてデザインされています。

toshiはこう思った

僕が現実的に利用するとすれば、シェアードワークスペース プランのホットデスクプランですが、他のシェアオフィス・コワーキングスペースと比べると価格設定はかなり高めに感じます。

カフェのような気軽な感覚で、ドロップインからのコワーキングスペース利用をしたい人には少し使いにくいかもしれません。

そもそもドロップインでの一日利用はできるのか?できるとすれば6,000円?などはっきり分からない点もあります。

また詳細がわかれば、こちらの記事に随時追記していきたいと思います。

追記:電話で確認したところ、当日ドロップインでの利用はできないようです。

おそらくは会員の質を高く維持する意味でも、こうした対応なのでしょう。まずは内覧予約をしてから、プラン契約して利用開始となります。

いきなりドロップイン利用を希望して訪問しても利用はできませんので、注意が必要ですよ〜。